成人病の真実とは

本当は怖い成人病・・・今や加齢に関係なく、誰にでも陥ることのある病気です。成人病という名前ではありますが、成人に満たない子供でも同じような症状を訴える例が増えています。

虫歯で歯医者へ行ったあとは食生活を見直そう

虫歯ができて治療のために歯医者へ行った後には、食生活を見直すことが健康な歯を維持することにつながります。
人の口の中は、食事などで食べ物を噛んだ後には虫歯ができやすい状態になっています。
それは食べ物のカスなどが歯に付いているからですが、口の中の細菌は残っているカスの糖分を取り込んで歯垢をつくるとされています。
つまり歯垢は、細菌の塊と考えることができます。
歯垢は歯磨きで落とすことができますが、固まってしまうと歯磨きでは落とせない歯石へと変化してしまいます。
歯磨きをする時には、一本一本丁寧なブラッシングで歯垢を落とすことが重要です。

歯石がつくとますます歯垢がつきやすくなるので、虫歯になりやすくなります。
また、歯肉に炎症を起こして歯周病になってしまうこともあります。
歯周病は歯茎の炎症から始まりますが、悪化すると歯を支えている骨や歯茎が溶けてしまいます。
骨が溶けると歯の支えがなくなるので、歯がグラグラと安定しない状態になってしまいます。
その結果、歯が抜けてしまうこともあります。
歯を失う原因の多くは、歯周病によるものとも言われています。
一度骨が溶けてしまうと元には戻すことはできないので、手遅れになる前に対処する必要があります。
食後の歯磨きを徹底することは勿論、定期的に歯医者を訪れて歯石除去を受けるのもおすすめです。

それから口の中は、食事をした後には酸性に傾いています。
酸性の状態は虫歯になりやすいのですが、通常は唾液の働きによって中性に戻ります。
しかし、間食が多かったり、ダラダラとおやつを食べるような食生活を送っていると、酸性の状態が長く続いてしまいます。
虫歯ができやすい環境になってしまうので、食事の時間を決めて食事と食事の時間をある程度あけることが大切になります。
また、飴やガムを習慣的に食べているといった場合には、少し控えた方がいいかもしれません。
ジュースや清涼飲料水など糖分が含まれている飲み物を少しずつずっと飲み続けるのも考えものです。

歯医者でインプラント治療を行った後には、食生活に注意する必要があります。
インプラントは失った歯の代わりに人工歯根を埋め込む治療方法で、自分の歯と同じように噛むことができます。
しかし、硬すぎる食べ物はあまり良くありません。
飴のような硬いものは、噛んで割ってしまうことがないようにします。
また、硬いおせんべいやナッツなどを食べる時にも注意が必要です。

◎歯医者探しにお困りではありませんか?

東京都や大阪府の様な大きな都市では、数多くの歯医者が乱立しているので、どこで定期検診をすれば良いのか迷ってしまうでしょう。
例えば、大阪府在住の方なら守口市で歯医者を探すことをお勧めできます。
歯医者を探す際はまず地域を絞って検討すると良いでしょう。