成人病の真実とは

本当は怖い成人病・・・今や加齢に関係なく、誰にでも陥ることのある病気です。成人病という名前ではありますが、成人に満たない子供でも同じような症状を訴える例が増えています。

成人病のリスクを減らす為の現実逃避とアーモンド摂取

一般的に現実逃避は、悪い事だと言われています。
確かに目の前の出来事から現実逃避する事は、一種の責任放棄であり、社会人としてはいけない事です。
しかし、状況によってはむしろ現実逃避した方が良い場合があります。
仕事内容によっては、途中で他人の手を借りたり、自分よりも詳しい人々に一部作業を委託した方が、お互いの利益になります。

また、仕事中以外であれば、現実逃避は一種のストレス解消方法として極めて有効です。
心理学では定番の防衛機構ですが、現実逃避と昇華・創作は紙一重になります。
ストレス解消方法として八つ当たりや合理化を選ぶよりも、趣味や創作の世界に現実逃避した方が確実に健全です。
仕事や家庭で辛い事があった時こそ、趣味の音楽や映画、ゲーム、スポーツに興じて、言わば現実の課題をその時だけでも忘却しましょう。

ストレスの溜め過ぎは成人病のもとです。
成人病は一般的に肥満や遺伝子、乱れた食生活によって起きると言われていますが、ストレスもまた成人病の発症原因として考えられています。
またうつ状態が続くと、人体はその状態を強制的に解消しようと、暴飲暴食に走る事があり、ストレスが遠因となり、肥満症や高血圧症が起きるパターンも多いです。

セロトニンが不足すると、誰でもうつ状態に陥ります。
ストレスフルな状況が続く方はアーモンドなどの食材を意識的に取りましょう。
アーモンドには、セロトニンの原料となる栄養素が含まれています。

バナナや唐辛子、ニンニク、アーモンドといった食材は古来より栄養食の定番でした。
その中でもアーモンドなら、そのままの状態でポリポリ食べられますし、スーパーやコンビニで安く販売されていますので、うつ状態の対策アイテムとして気軽に暮らしに加えられるでしょう。